1. 積立ビルダーズ
  2. お金と金融の基礎知識
  3. 税金
  4. 貯金と投資にかかる税金の違いは?非課税制度の活用方法について

貯金と投資にかかる税金の違いは?非課税制度の活用方法について

 2020/08/28 税金 この記事は約 2 分で読めます。

貯金と投資のどちらの場合でも、発生した利益に対して税金がかかります。

それぞれで課せられる仕組みが異なっています。
また、利用する資産運用を投資で行う場合は、それぞれの金融商品によって課税方法や損失が発生した場合の通算方法が異なります。

利益をしっかりとムダなく確保するために、税金のしくみを理解しておきましょう。

貯金の利息に対する税金

貯金の利息は、原則として税金を支払わなければなりません。

発生した利息に対して20%(所得税15%+住民税5%)の税金が源泉徴収されて、課税が終了するしくみです。

利息から税金が引かれてから預金に反映されるので、納税などの手間はかかりません。

貯金に対する税金の詳細、非課税になる貯金、外貨預金などは下記のページを参考にして下さい。

貯金と税金のしくみ

投資の利益に対する税金

株式投資などの売却益配当金にも、税金がかかります。

税金を納める方法には大きく2種類があり、一つが自分で確定申告をして納税する方法です。

もう一つが、証券会社が売却益の計算を行って源泉徴収して納税してくれる方法です。

一般口座や特定口座の違い、それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

投資の非課税制度

NISA(ニーサ)とは一定の条件を満たす事で、上場株式・投資信託の売却益や配当金・分配金が非課税になる優遇制度です。

例えば、20万円の売却益が出た場合、一般の課税口座では20.315%の4万円の課税が課せられるのに対して、NISA口座での取引では、20万円をそのまま受け取ることができるお得な制度です。

投資を行うのであれば、お得な非課税制度を有効活用しましょう。

(※復興特別所得税・・・平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間は、所得税額に2.1%の税率を乗じた金額を復興特別所得税として収める必要があります。)

\ SNSでシェアしよう! /

積立ビルダーズの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

積立ビルダーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!