1. 借入DX
  2. ファクタリング
  3. 給料ファクタリングおすすめランキング【厳選人気6社】

給料ファクタリングおすすめランキング【厳選人気6社】

ファクタリング   126 Views

急にお金が必要になるのは、誰でもあることです。大きな買い物をしたときに限って、自分でも思いもかけずにお金に困ることがあるものです。

そのようなときに「給料を前借できないかな」と誰もが考えたことがあるのではないでしょうか。そこで最近注目されているサービスが「給料ファクタリング」です。

給料日前に給料を現金化できる方法として、メディアでも取り上げられて注目を集めています。

Sponsored Link

給料ファクタリングおすすめランキング

1位:七福神

給料ファクタリングの分野で圧倒的知名度と人気を誇るのが「七福神」です。ファクタリング買取実績も豊富で専門スタッフがプロのアドバイスを行ってくれます。土曜日は営業していませんが、月~金の祝日も営業、営業日の18時までの手続き完了で当日の資金受取が可能です。

<ここがおすすめ>

  • 給料ファクタリングの分野で圧倒的人気
  • 質の高い専門スタッフのアドバイス
  • 祝日も対応可能

2位:WalletLink

「WalletLink(ウォレットリンク)」は2016年設立の「株式会社アクアバレー」が運用する給料ファクタリングサービスです。審査時に在籍確認がありますが、在籍確認で勤務先に給料ファクタリングの利用がバレることはまずありません。インターネットから24時間申込可能、LINEからも申込できます。

<ここがおすすめ>

  • 来店不要、オンライン契約可能
  • LINEからも申込可能
  • 15時までの手続き完了で即日振込可能

3位:Get給

「Get給」先の「WalletLink」と同じ「株式会社アクアバレー」が運営する給料ファクタリングサービスです。「WalletLink」と同様にオンライン契約が可能です。電話での受付は行っていませんが、公式ホームページからの申込で即日対応も可能です。

<ここがおすすめ>

  • 来店不要、オンライン契約可能
  • 15時までの手続き完了で即日振込可能
  • 口コミ評判がいい

4位:JMマーケティング

「JMマーケティング」は、利用限度額が他社に高めと評判のいい給料ファクタリングサービスです。対応の良さも定評で、全国対応が可能です。安心して利用したいと考えている方にはおすすめです。

<ここがおすすめ>

  • 利用限度額が他社に比べて高め
  • 最短30分対応可能(通常は1~2日程度)
  • 来店不要、ネット完結

5位:千羽鶴

対応の良さが評判の「千羽鶴」、最短30分程度での契約可能としていますが、通常は数日かかっているようです。再契約が難しいとの口コミ情報もありますが、金融ブラックでも利用可能となっています。

<ここがおすすめ>

  • 金融ブラックでも利用可能
  • 対応がいいとの口コミ情報が多い
  • 最短30分対応可能(通常は数日必要との情報も)

6位:ペイトレ

「PayTrade(ペイトレ」は2019年12月1日にサービスが開始された、非常に新しいファクタリングサービスです。厳密にいえば「ファクタリング仲介業者」で、利用者と給料ファクタリング会社の仲介を行うサービスです。利用を申し込むと給料ファクタリング会社からメールなどで連絡があります。まだまだ実績も少ないようですが、今後のサービス展開に期待もできるでしょう。

<ここがおすすめ>

  • 1万円からの現金化可能
  • 24時間365日対応可能
  • 対面不要

給料ファクタリングとは?

そもそも「ファクタリング」とは、売掛金を支払い前に現金化するサービスのことです。売掛金(売掛債権)をファクタリング会社が買い取って支払い前に利用者に現金として提供するサービスです。

「給料ファクタリング」における「売掛金」は、支払いが確定している「給料」を指します。働いている人には、その労働の対価として給料を受け取る権利があります。これが給料ファクタリングにおける「給与債権」にあたります。

つまり、給料日前にファクタリング会社が「給与債権」を買い取って、利用者に現金として提供するサービスが「給料ファクタリング」です。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。給料ファクタリングにも「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」がありますので、それぞれの違いと特徴を理解していて、自分にあった給料ファクタリングを利用するようにしましょう。

2社間ファクタリング

「2社間ファクタリング」は給料ファクタリング会社と利用者の間だけで行うファクタリングです。勤務先に給料ファクタリングの利用がバレる心配はありません。ただしその分、手数料が高めに設定されています。

2社間ファクタリングの流れ

  1. 利用申込・審査
  2. 給料ファクタリング会社と利用者の間で契約成立
  3. 給料ファクタリング会社が利用者に買取相当額を振り込む
  4. 利用者に勤務先から給料が振り込まれる
  5. 利用者が給料ファクタリング会社に支払相当額を振り込む

3社間ファクタリング

「3社間ファクタリング」は給料ファクタリングと利用者に合わせて利用者の勤務先も含めて行うファクタリングです。2社間ファクタリングに比べて手数料は低めになっています。ただし給料ファクタリング会社から勤務先に給与債権譲渡の告知が行われます。つまり勤務先に給料ファクタリングの利用が知られてしまうことになります。

3社間ファクタリングの流れ

  1. 利用者が勤務先から給料ファクタリングの利用同意を得る
  2. 利用申込・審査
  3. 給料ファクタリング会社・利用者・勤務先との間で契約成立
  4. 給料ファクタリング会社が利用者に買取相当額を振り込む
  5. 利用者の勤務先が給料ファクタリング会社に支払相当額を振り込む

給料ファクタリング会社の選択ポイント

最近は様々な金融機関がファクタリングに参入しています。給料ファクタリング会社にも様々な先がありますので、選択ポイントを押さえて自分に合った先を選ぶようにしましょう。

①手数料

給料ファクタリング会社の中には手数料を公表していない先も多くあります。つまり実際に利用してみなければいくらの手数料がかかるのかが分からないケースもあります。そのような場合は、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

②2社間ファクタリングか3社間ファクタリング

最近は「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」の両方を取り扱う会社も増えています。手数料の違いや勤務先との対応なども考慮していきましょう。

③入金までのスピード

「いつまでにお金が必要なのか」は重要なポイントです。せっかく給料ファクタリングを利用しても、自分が必要な時までに間に合わなければ意味がありません。

「対応スピード」「即日対応可能か」「土日祝日対応可能か」などをしっかりと確認しておきましょう。

④信頼性・実績

運営会社の信頼性や実績が乏しいと、安心して利用もできません。ファクタリングは最近になって注目を集めるようになった分野です。その分、まだまだ法律整備や規制などが十分とはいえず、悪徳業者がつけこむスキがある分野でもあります。給与債権買取実績が豊富な会社であれば安心して利用できます。

信頼性を図る材料には「口コミ情報」も有効です。インターネットを利用して情報を入手するようにしましょう。

このような給料ファクタリング会社は避けるべき?

では逆に安心できない、避けるべき給料ファクタリング会社とはどのような特徴があるのでしょう。次のような特徴が見受けられる会社には注意が必要です。

①企業情報が曖昧

ホームページには通常「会社概要」といった項目が設けられています。その内容が曖昧な先は悪徳業者である可能性があります。

  • 代表者
  • 資本金
  • 会社住所
  • 電話番号 など

住所として記載されている場所にオフィスがあるかどうか「Google map」などで確認するのもおすすめです。電話番号は必ず「固定電話」が記載されていることも確認しておきましょう。

②ホームページ上に誤解を与える表現がある

ホームページ上の各文言に注意してみましょう。例えば、勤務先から給料が支払われたあと、給料ファクタリング会社に給料相当額を支払うのを「返済」と記載しているケースです。給料ファクタリングは給与債権の「売買」なので、「借金」ではありません。このような場合、給料ファクタリング会社がファクタリングを正確に理解していない可能性が高いのです。

少しでも違和感を覚える表現が記載されている会社は、避けるべきでしょう。

③契約時の対応が問題

  • 契約時の説明が不十分
  • 契約書が無い
  • 債権譲渡通知に押印を求める
  • 手数料に対する説明がない

いざ契約時に、このような不審な対応が見受けられる会社は、非常に危険です。悪徳業者である可能性が高いので、その場で断るようにしましょう。

まとめ

給料ファクタリングは最近になって注目を集めるようになったサービスです。そのため法律整備や規制がまだまだ不十分で、悪徳業者のつけこむスキがある分野でもあり、安心して利用できる先はまだまだ少ないのが実情です。

取扱会社によっては口コミ情報も少ない先も珍しくありません。給料ファクタリングの利用を考える場合には、少しでも信用できる会社で申込を行うようにしましょう。「石橋を叩く」ぐらいの気持ちで、ちょっとでも疑問を感じる先は避けるのが賢明かもしれません。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • ファクタリング東京の口コミ評判

  • 日本中小企業金融サポート機構は審査に通りやすい?

  • えんナビのファクタリングは即日対応のスピードが人気

  • ジャパンマネジメントのファクタリング口コミ評判

  • もし取引先が倒産したらファクタリング契約はどうなるの?

  • ビートレーディングは審査に通りやすい?評判から分析したメリット・デメリット