1. 借入DX
  2. カードローン
  3. プロミス
  4. プロミスの増額のポイントは?

プロミスの増額のポイントは?

 2020/04/16 プロミス   50 Views

「プロミスで借入しているが、もう少し借入したい」

今、利用しているプロミスの限度額に物足りなさを感じる方もおられると思います。プロミスに限りませんが、消費者金融の多くは初回利用者に対しては限度額を低めに設定するケースも多くなっています。

はたしてプロミスは増額が可能なのでしょうか。増額のポイントはどこにあるのでしょうか。

プロミスでは増額が可能

結論から申し上げますと、プロミスでは増額も可能になっています。公式ホームページの「よくあるご質問」のサイトでは、次のように掲載されています。

Q.利用限度額を増額したいのですが?

A.ご利用いただける金額は、お客さまのお取引状況により異なります。ご希望の方は、会員サービス内の「限度額変更のお手続き」からお申込みいただくか、プロミスコール(0120-24-0365)までお問い合わせください。

あえてこのように明記していることから、プロミスでは増額の申し出も受付していることが分かります。

増額と追加融資は違う?

「増額」と「追加融資」を同様に捉える利用者もおられるかもしれません。この2つは異なることを理解しておきましょう。

  • 追加融資→契約の限度額範囲内で「追加」で借入する
  • 増額→契約の限度額自体をさらに大きくする

「追加融資」であれば限度額範囲内であれば、特段問題なく利用できます。一方「増額」の場合は、所定の手続きを経る必要があります。

プロミスの増額方法

プロミスで増額を行うには、以下の方法で増額を申し込む必要があります。

  1. インターネットの会員ページから申し込む
  2. プロミスコールセンターに電話して申し込む
  3. 自動契約機から申し込む

この中で一番利便性が高いのは、①のインターネットを活用した申込でしょう。自宅にいながら申し込むことができます。基本的に24時間365日受付可能です。

増額審査に合格すると、メールや電話で通知があり、増額が反映されます。

即日で増額は可能か?

プロミスでは、増額を申し込んだその日に増額は可能なのでしょうか?それは審査が即日で行われ、その日に増額が反映可能かどうかということになります。

増額審査がスムーズに進んだ場合は、増額の申込方法により、基本的には以下の対応となるようです。特に土日祝日の対応に注意しておきましょう。

インターネット 24時間365日、増額審査の申し込みは可能ですが、増額審査自体は平日9:00~18:00に実施されるため、増額反映は翌営業日に持ち越しとなります。
電話 増額審査受付および審査は平日9:00~18:00のみ可能で、土日祝日は不可。
自動契約機 土日祝日問わず即日で増額可能。基本的に、自動契約機は9:00~22:00(※契約機により営業時間が異なります)でも利用可能ですが、営業終了間際に行くと、翌営業日に審査回答が持ち越しになる可能性があります。

もちろん、これは増額審査がスムーズに完了した場合です。審査に時間が課kると即日対応も難しくなります。

増額申込時の注意点

プロミスで増額を申し込む場合は、以下の注意点を抑えておきましょう。

〇申し込み時よりも年収が下がっている場合、原則として増額は不可

年収が下がっている場合、それだけ返済負担リスクも大きくなると判断されることから、基本的に増額を受けることはできません。

〇増額によって、以下に該当する場合は、収入証明書の提出が必要になる。

  • 希望借り入れ金額が50万円を超える場合
  • 他社と合わせて合計借り入れ金額が100万円以上になる場合

〇増額審査で、再度在籍確認が行われる。

〇増額により他社借入を含めた総借入額が年収の3分の1を超える場合は、最低でも年収の3分の1に収まる範囲内の増額となる。

プロミスは「総量規制」の対象ですので、他社借入を含めて「年収の3分の1」の借入はできません。当然、増額利用もその範囲内となります。

増額のメリットとデメリット

単純に「増額したい」と思われた場合も、必ずそのデメリットについても考えるようにしましょう。

メリット

  • 限度額が大きくなり、たくさんの借入ができるようになる。
  • たくさん借入できるようになることで、様々な用途に利用できる。

デメリット

  • 再度、審査を受ける必要がある。
  • 使いすぎてしまい、利息負担も大きくなる。
  • 他社の借入審査に影響が出る。

増額を行うと、その分たくさん借入ができるようになり、様々な用途に利用できるようになります。しかし借入が増える分、利息を含めた返済負担も増えることになります。

また増額には必ず審査を受ける必要があります。さらに他社で借入を利用したいと考えた場合、その審査にも影響を与えることになります。

増額審査のポイント

増額を希望しても、必ず審査に合格できるとは限りません。審査自体は一度受けてみなければ合否は分かりません。そこで増額審査に通過しやすいポイントを抑えて申し込む必要があります。まずは以下のポイントを抑えるようにしましょう。

①新規契約から6ヶ月以上を経過している

ある程度、利用期間が経過していないと、審査合格の難易度は高くなります。最低でも新規契約から「6ヶ月」以上経過を目安にしておきましょう。

②一度も延滞していない

これまで返済遅延を発生させていないことは、最低限の条件です。仮に「つい入金し忘れた」という場合でも、そのような言い訳は通用しません。

③総量規制の基準を満たしている

増額により他社を含めて年収の3分の1以上を超過しないことも最低条件となります。

④ある程度の借入・返済実績がある

契約からの経過期間に対して、ある程度の借入と返済実績も問われます。これまで全く借入を利用していない状況で「増額してください」と申し込むと、「なぜ急に増額が必要なのか」と疑問視されるためです。

⑤信用情報に事故情報が記録されていない

「延滞」と同様に、信用情報に事故情報が記録されていると、まず審査には合格できません。

まとめ

プロミスは大手消費者金融の中でも、増額に対して柔軟に対応してもらえると評判です。必要であれば審査のポイントなどを抑えて増額申込を行うとよいでしょう。

ただし増額によって借入返済負担も増えることになります。不要な借入は絶対に避けるとともに、利用時には必ず念密な返済計画を立てておくようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • プロミスからの電話はどのような内容なの?

  • プロミスのおまとめローンを徹底分析

  • プロミスの返済について

  • プロミスのアプリローンを徹底分析