1. 借入DX
  2. カードローン
  3. プロミス
  4. プロミスをコンビニで利用する際のチェックポイントは?

プロミスをコンビニで利用する際のチェックポイントは?

 2020/07/02 プロミス   1,951 Views

消費者金融の多くはコンビニに設置されているATMで、借入や返済ができます。現在の日本では少し見渡せばすぐにコンビニが見つかるので、とても便利です。

ただし消費者金融の商品をコンビニで利用する場合、事前に押さえておくべき点もいくつかあります。

ここではプロミスをコンビニで利用する際のチェックポイントについて考えてみましょう。

プロミスが利用できるコンビニATM

ますは、プロミスが利用できるコンビニATMを見てみましょう。

コンビニ名 取り扱い 手数料 平日の営業時間 土日の営業時間
セブンイレブンATM 借入・返済 1万円以下…1回110円 24時間 24時間
E-netATM
ローソンATM 1万円超…1回220円
イオン銀行ATM
コンビニ マルチメディア端末
Famiポート 返済 無料 0:00~24:00 0:00~24:00
(ファミリマート) (※日曜日23:00~月曜日7:00までは利用不可) (※日曜日23:00~月曜日7:00までは利用不可)
注意点
ちなみに、毎週月曜0:00~7:00はプロミスのシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMを利用することができませんので注意しましょう。

プロミスを利用できるコンビニは以下のようになります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • デイリーヤマザキ
  • 生活彩家
  • セーブオン
  • セイコーマート
  • ニューデイズ
  • アンスリー(京阪沿線)
  • コミュニティ・ストア

など

「EnetATM」はコンビニ以外に「ライフ」や「バロー」「イズミヤ」などのスーパーにも設置されている店舗があります。ATM設置店舗から見ると、プロミスの便利さがわかります。最寄の使いやすいATMを利用するとよいでしょう。

コンビニATMの操作方法

各コンビニATMの「借入(出金)」「返済(入金)」ともに、画面の指示に従って操作していけば、それほど難しくはありません。ここでは主なコンビニATMの操作方法を簡単に説明します。

セブン銀行ATMでの借入(出金)

  1. ATMにカードを挿入
  2. 「出金」を選択
  3. 暗証番号を入力
  4. 出金希望金額を入力
  5. 「確認」をタッチ

セブン銀行ATMでの返済(入金)

  1. ATMにカードを挿入
  2. 「入金」を選択
  3. 返済金額を投入
  4. 金額を確認し「次へ」をタッチ
  5. 「確認」をタッチ

ローソンATM(借入・返済)

  1. アトム数字を入力
  2. ATMにカードを挿入
  3. 「出金」「入金」のどちらかを選択
  4. 暗証番号を入力
  5. 「出金」の場合は希望金額を入力、「入金」の場合は返済額を投入
  6. 「確認」をタッチ

E‐netATM(借入・返済)

  1. アトム数字を入力
  2. ATMにカードを挿入
  3. 「出金」「入金」のどちらかを選択
  4. 暗証番号を入力
  5. 「出金」の場合は希望金額を入力、「入金」の場合は返済額を投入
  6. 「確認」をタッチ

Famiポート(返済のみ)

  1. 「金融サービス(借入金のご返済)」を選択
  2. 「プロミス」を選択
  3. Famiポートにプロミスカードを挿入
  4. 暗証番号と返済金額を入力
  5. 取引内容を確認して「申込券」を発行
  6. レジで返済金額分を支払い。お客様控えを受け取る

プロミスをコンビニで利用するメリット

24時間利用できる

コンビニATMは基本的に「24時間」利用可能です。日中は多忙で借入や返済ができない方でも安心です。また急にお金が必要になったときでも、すこし探せば提携コンビニを探すことができます。出張先や旅行先でも利用できます。

Famiポートの返済は手数料無料

ファミリーマートに設置されているメディア端末「Famiポート」では、手数料無料で返済できます。返済のたびに手数料が必要となることができるだけ避けたいので、ありがたいサービスです。

プロミスをコンビニで利用するデメリット

手数料が必要

一部の提携先を除き、以下の提携ATM手数料が必要となります。わずかな金額でも繰り返し利用していくと、大きな負担になります。

  • 1万円以下の利用…1回につき110円
  • 1万円超の利用…1回につき220円

千円単位で借入できない

コンビニATMでの対応金額は「1万円単位」です。「千円単位」では対応できませんので、「それほどたくさん借りる必要がない」というケースでは対応が難しいかもしれません。

まとめ

プロミスをコンビニで利用する一番のメリットは「いつでもどこでも利用できる」という点でしょう。少し探せば提携コンビニを見つけることができます。

一方、基本的にはATM利用手数料が発生しますので、できれば急な借入が必要な場面などで活用していくようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • プロミスの営業時間を確認しよう

  • プロミスはどうやって解約するの?解約方法と注意点について考えよう。

  • プロミスのレディースキャッシングとは?評判は?

  • プロミスの返済について

  • プロミスの自動契約機を利用する際のポイントとは?

  • プロミスのアプリローンを徹底分析