1. 借入DX
  2. 金融用語集
  3. 事業計画書の書き方を解説!便利なテンプレートも用意しています。

事業計画書の書き方を解説!便利なテンプレートも用意しています。

金融用語集   119 Views

いざ起業をしても、事業がなかなかうまくいかないという方も多いのではないでしょうか。様々な原因があると思いますが、一番目立つのは「無計画に起業していまった」というケースです。

そこで大切になっているのが「事業計画書」を作成することです。

事業計画書とは?

「事業計画書」とは文字通り、事業を行うための計画書です。事業の起業や会社の設立を決意した際には、その事業の中身をじっくりと検討しながら事業計画書を作成するようにしましょう。

他人任せにするのではなく、自ら作成し、何度も作成し直すことで、客観的・論理的の事業の方向性を確認することが可能になります。

事業計画書は、出資を募ったり創業資金融資を受ける際にも必要となります。これから行う事業の魅力をアピールすることで創業資金の調達もスムーズに行うことができます。

その内容は金融機関の融資審査にも大きく影響してきます。

事業計画書の書き方

事業計画書は、特に決まった作成方法はありません。自由な発想に基づいて事業の魅力をアピールするという気持ちで作成してみましょう。

WEB上では様々なテンプレートやサンプルを入手することができます。まずはその書式を活用しつつ、必要項目を修正・追加していくことで、今後の事業展開や問題点も発見することもできるでしょう。

とはいっても「事業計画書」として成り立たせるためには、最低でも以下の項目は抑えておく必要があります。

  • 事業の目的(将来のビジョン)
  • 事業内容(コンセプト)
  • 売上・収益予想
  • 資金繰り予想(創業資金計画・収支計画)

必ずしも文字数や項目が多ければいいというものではありません。事業のポイントを抑えつつ、数字に関しては、説得力のある数字を提示してわかりやすく説明できることが大切です。

一番のポイントは「いかに儲かるか?」

事業計画書の一番のアピールポイントは「いかに儲かるか」という点です。客観的な裏付けのある数字を提示して、「この事業は儲かる」とアピールするとが大切です。その結果、出資や融資による創業資金の調達が可能になるのです。

例えば、創業融資が比較的受けやすいとされている「日本政策金融公庫」でも、事業計画書を元にして融資担当者と面談が行われます。その際には事業計画書のデータを効果的に使って、説得力のある説明を行うことが融資審査合格の大きなポイントとなります。

とはいっても先々の予想はそう簡単にできるものではありません。場合によっては会計士などの専門家の意見も取り入れる必要があります。

ただしあくまで作成するのは「自分」です。他人任せにするのではなく、起業者自らは考え抜いて作成した「魂のこもった事業計画書」には、それなりの説得力が感じられるものです。この点は忘れないようにしてください。

事業計画書のテンプレート

インターネットで検索してみると、様々な事業計画書のテンプレート・サンプルを見つけることができます。多くは無料で入手できますので、作成の手助けになるでしょう。

借入DXでもエクセル様式の事業計画書のテンプレートを用意させていただきました。よければ活用してください。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • 手形割引とは?わかりやすく簡単に解説

  • 決算書とは?主な決算書類のわかりやすい読み方

  • アップフロントフィーとは?

  • コベナンツとは?わかりやすく解説

  • 財務三表とは?わかりやすく説明します。

  • 黒字倒産とは?わかりやすく説明します。