1. 借入DX
  2. 審査が甘い消費者金融
  3. 総合力の高さが魅力、フタバのキャッシングを徹底分析

総合力の高さが魅力、フタバのキャッシングを徹底分析

 2019/12/12 審査が甘い消費者金融   414 Views

「他社でいくつか借入しているので大手先では借りれない」
「ブラックだけど、どこか借入できないか」

このような方には中小の消費者金融が狙い目です。大手先には敬遠されがちな方でも柔軟な審査が期待できます。

東京の中堅消費者金融「フタバ」は、大手並みのサービスが人気の消費者金融です。その魅力を探ってみましょう。

「フタバ」とは?

「株式会社フタバ」は東京都千代田区に店舗を構える中堅の消費者金融です。昭和38年設立の老舗の金融業者で、借入可能額、適用金利は大手先に劣りますが、「無利息サービス」「来店不要」といったその他のサービスが充実しており、柔軟な審査とあわせて総合力に定評のある消費者金融です。

「登録番号:東京都知事(2)第31502号」「日本貸金業協会会員番号:第000034号」「東京商工会議所会員」と正式に認可を受けている金融業者です。なにより業歴の長さからも安心して利用できる先であるといえるでしょう。

フタバの商品概要

貸付限度額 10~50万円(最大200万円まで増額可能)
利息 実質年率14..959%~17.950%
遅延損害金 実質年利19.945%
返済期間 最長6年以内
返済回数 最長72回
返済方式 元利均等返済方式
担保・保証人 原則不要

初めての利用者は最高50万円の借入限度額ですが、その後利用実績を積んできることで最高200万円まで増額することが可能です。適用金利「14.959%~17.950%」は何か中途半端な設定ですが、少しでも他社との差別化を図ろうとしているのでしょうか。ただし実績が浅い方は、多くの場合、法定の上限金利の設定となります。」

初回利用者には無利息サービス

初めての利用者に対して「30日間無利息サービス」が開始されています。大手先ではよく見かけるサービスですが、中小の消費者金融ではまだまだ取り扱っている先は少ないサービスです。

フタバの申込手続きの流れ

申込は「インターネット」もしくは「電話」で行います。おすすめは「インターネット」による申込です。基本的に24時間365日受付可能で、自宅だけでなく携帯・スマホから外出中でも申込できます。

<インターネットからの申込>

①申込
公式ホームページから必要事項を入力して申込します。入力項目に間違いのないように慎重に入力していきましょう。

②審査
審査結果はメールもしくは電話で回答されます。審査時間は最短で1時間程度といわれています。

③振込によるキャッシング
審査結果に同意し、他に問題ないと判断されると、指定した銀行口座へ振込が行われます。

④契約書類発送
自宅に契約書類が発送されます。宛名は「フタバ」ではなく「FTサービスセンター」名で発送されます。

⑤契約書類返送
契約書類に必要事項を記入、捺印後、住民票を添えて返送します。

<電話での申込>

①申込
下記の営業時間帯に電話で申込します。

  • 平日9:30~18:00
  • 定休日:土日、祝日

②審査
申込内容に従い、審査が行われます。

③振込によるキャッシング
審査結果に同意し、他に問題ないと判断されると、指定した銀行口座へ振込が行われます。

④契約書類発送
自宅に契約書類が発送されます。宛名は「フタバ」ではなく「FTサービスセンター」名で発送されます。

⑤契約書類返送
契約書類に必要事項を記入、捺印後、住民票を添えて返送します。

追加借入は可能?

「フタバ」の借入は限度額を設定するカードローンではありません。そのため、2回目以降の追加借入では再度申込を行い、審査に合格する必要があります。

初回の利用者は50万円が最高借入額ですが、追加申込により最大200万円までの追加借入が可能です。審査では追加申込時点での属性に合わせて、これまでの返済実績が重要となります。きちんと返済を行っておけば問題ありませんが、一度でも遅延しているとそれだけ厳しく判断されるでしょう。たとえ「うっかり忘れていた」という事情でも、それだけ「信頼できない利用者」と判断されることになります。

また「フタバ」は「総量規制の対象」です。他社を含めて年収の3分の1以上の借入はできません。つまりこの基準を上回る追加申込を行っても審査には合格できないことになります。

フタバの返済方法

毎月の返済はフタバの指定する銀行口座への振込となります。振込手数料を負担する必要があります。残念ながら「口座振替」による返済には対応していません。

返済方式は「元利均等返済」。返済期間は最長6年。「最長5年」という金融機関が多い中、1年ほど長めになっています。ちなみに年利17.950%の場合の最低返済額は次のようになります。

借入金額 最低返済額
10万円 2,300円
20万円 4,600円
30万円 6,900円
40万円 9,200円
50万円 11,500円

フタバでは即日融資が可能か?

フタバの審査時間は公式ホームページでは明記されていませんが、口コミ情報などから「最短1時間程度」といわれています。このことから「即日融資」も十分可能になっています。ただし「即日融資」を受けるにはいくつかのポイントがあります。

必要書類を準備する

以下の必要書類を事前に準備しておきましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証)

上記書類の住所が現住所と異なる場合、現住所が記載された下記のいずれかの書類が必要です。ただし、確認時に領収日付または発行年月日から6ヵ月以内のものに限ります。

  • 公共料金の領収証書(電気、都市ガス、水道、電話、NHKのいずれか1つ)
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税、地方税の領収証書・納税証明書
  • 収入証明書類(源泉徴収票、給与明細、確定申告書など)

「50万円を超える金額での申込の場合」となっています。フタバの初回利用限度額は「最高50万円」ですので、収入証明書が必要なケースは「2回目以降の追加借入」の場合です。ただし審査の過程では初めての利用者(50万円以下の申込)でも収入証明書の提出を要求されることもあります。いざというとき慌てないためにも事前に準備しておくほうが賢明です。

  • 住民票

契約書類に添付して発送しますが、審査の過程で要求されることもありますので事前に準備しておくほうが賢明です。

平日の早めの時間帯に申込を行う

フタバの借入は「振込キャッシング」です。即日融資を受けるためには銀行の振込対応時間帯に処理を完了させる必要があります。そのため最低でも「平日の14時」できれば「平日の午前中」には、申込を完了させておきたいところです。土日、祝日の申込は即日融資が利用できませんので注意しましょう。

審査の内容では即日融資が不可の場合も

フタバの借入流れは「審査完了→振込キャッシング→契約書類の郵送でのやり取り」です。しかし審査の内容によっては契約書類の確認後の振込キャッシングとなることもあります。この場合、郵送でのやり取りが完了してからの振込となりますので即日融資はまず不可能です。不明な点は担当者に電話で確認しておきましょう。

フタバは審査に通りやすい?

中小消費者金融の特徴に「審査に通りやすい」というポイントがあります。大手先ほど申込数も多くありませんので、申込者一人一つの「現在の返済能力」をしっかりと判断することができるためです。

「フタバ」の審査も大手先に比較して通りやすいといわれています。まずは以下の申込条件を抑えておきましょう。

  • 20歳以上70歳以下で安定した収入がある
  • アルバイト・パート・派遣社員・主婦・年金受給者でも安定した収入があれば申込可能
  • 他社借入4件以内(銀行、信販などのローン・キャッシングは除く)

「安定した収入」の考え方は難しいところです。申込金額によりますが最低でも「年収100万円」はクリアーしておく必要があるでしょう。また「勤続年数半年以上」も確保しておきたいところです。

これらの条件を踏まえて「現在の返済能力」が認められれば、次のような方でも借入できたという報告が多く見受けられます。

  • 過去に金融事故(自己破産などの債務整理や長期延滞)を起こしたいわゆる「ブラック」の方
  • 他社で断られた方
  • 他社で借入を利用している方(件数4件以内)

もちろんこれらの方のすべてが審査に合格できるわけではありません。例えば他社の借入返済を延滞している方などは、フタバでも借入はできないでしょう。今返済が遅れている方が、新たな借入を契約しても返済できるわけがありません。

またフタバは「総量規制の対象」です。他社の借入を含めて「年収の3分の1以上」の貸出はできません。当然、この基準を上回っている方は申込をしても合格はできません。

フタバのメリット

①初回利用者無利息サービス
大手先ではよくみかける「30日間無利息サービス」を利用できます。

②インターネットの申込で来店不要、即日融資も可能
来店不要で手続きを完結、条件次第で即日融資も可能です。

③柔軟な審査対応
大手先では難しい方でも、フタバでは借入できるチャンスがあります。

フタバのデメリット

①借入可能額が低め
初回の借入可能額が50万円と、大手先に比べるとやや物足りなさを感じます。ただし利用実績を積み重ねていくことで最高200万円まで利用できるようになります。

②返済方法が限定
指定口座への振込ですので、振込手数料が必要です。毎月の負担は大きいかもしれません。

フタバの口コミ情報

全体評価 4.0点
正社員 50
私でも借入できました
年収450万円・借入希望金額50万円
数年前に自己破産を起こしてしまいました。しかしどうしても一時的にお金が必要になりフタバに申し込んでみました。すると1時間程度で合格のメールが。本当に助かりました。
全体評価 3.0点
パート 30
ダメ元でしたが
年収150万円・借入希望金額10万円
他社で2件ほどキャッシングを利用しており、これ以上借入はできないかなと思っていました。フタバの情報を聞いてダメ元で申込しましたが数時間で満額回答、びっくりです。
全体評価 点
アルバイト 30
やはりだめでした
年収100万円・借入希望金額50万円
総量規制のことは知っていましたが、フタバでは審査が通りやすいと聞いて申込してみました。しかし翌日否決のメールが。他には借入していませんでしたので、減額でも無理だったのかと疑問です。

大手並みのサービスも魅力

中小独特の「審査の柔軟さ」に合わせて「来店不要」「30日間無利息」といった大手並みのサービスも充実しており、中小の消費者金融では総合力に優れているといえるでしょう。

大手の審査に不安を抱える方、一度申し込んだけど断られた方などは利用を検討されてもいいのではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • 大阪で人気の消費者金融ハローハッピーの魅力を徹底分析

  • ライフティは中小消費者金融でも審査通過がトップクラス

  • 審査が甘い消費者金融はありますか?

  • 神対応が評判、フクホーのキャッシングを徹底分析

  • おまとめローンの最後の砦、中央リテールの特徴を徹底分析

  • ブラックでもOK、アルクの魅力を徹底分析