1. 借入DX
  2. ビジネスローン
  3. アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)は審査に通りやすい?

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)は審査に通りやすい?

ビジネスローン   275 Views

ビジネスローンはどうしても借入までに日数を要するというイメージが強くなっています。ただし消費者金融などのビジネスローンの中には、申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」が可能な商品もあります。

「アイフルの事業サポートプラン(無担保ローン)」も即日融資が可能なビジネスローンです。消費者金融大手のアイフルの商品ですので、安心して利用できると人気を集めています。

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)とは?

「アイフル株式会社」は京都に本社を構える大手消費者金融です。一時期事業を縮小していましたが、最近は積極的な事業展開を行っています。大手消費者金融の多くがメガバンクを中心とした銀行グループの傘下として営業を行っている中、アイフルは独立を保ったまま、様々な商品サービスを展開しています。

アイフルのビジネスローンが「事業サポートローン」です。無担保ローンと有担保ローンの2種類があります。このうち「事業サポートローン(無担保ローン)」は、比較的小口の事業資金に対応した商品です。法人・個人事業主とも最短即日融資が可能で急な資金ニーズにも対応可能です。

商品概要(2019年7月1日時点)

事業サポートプラン<個人プラン> 事業サポートプラン<法人プラン>
個人事業主 法人
個人契約 法人契約
事業資金(運転資金・設備投資資金)
3.0%~18.0% (実質年率)
20.0%(実質年率)
1万円~500万円
借入後残高スライド元利定額 借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式 リボルビング返済方式
元利定額返済方式 元利定額返済方式
元金一括返済方式 元金一括返済方式
(カードローン可)
最長10年(120回) 最長10年(120回)
担保・連帯保証人…原則不要 代表者の連帯保証…原則必要
担保・第三者連帯保証人…原則不要
本人確認書類、確定申告書(青・白) 代表者の本人確認書類
事業内容確認書(当社所定) 決算書2期分、商業登記簿謄本

必要書類

必要書類は以下の通りです。必ず申込前に準備しておきましょう。

個人事業主の場合

  • 確定申告書
  • 本人確認書類
  • 事業内容確認書(ホームページからダウンロード)

法人の場合

  • 決算書2期分
  • 商業登記簿謄本
  • 代表者の本人確認書類

手続きの流れ

①申込
申込方法は「WEB」「電話」の2通りです。じっくりと申込可能な「WEB」がおすすめです。公式サイトの専用フォームより、必要項目を記載して送信します。入力項目は住所や氏名などの個人情報と会社住所や年商などの会社情報、希望融資限度額や資金使途などの申込内容に関する事項です。入力必須項目は赤枠になっており、未入力の場合は入力ミスの画面が出てくれるので安心です。

②電話確認
ご希望された連絡先と時間にアイフルから申込内容の確認の連絡が入ります。

③必要書類提出
必要書類をFAXで提出します。

④契約
審査に合格すれば、アイフルから連絡が入ります。その後来店もしくは郵送で契約を行います。

法人・個人事業主とも即日融資が可能

ビジネスローンでは通常、審査に時間がかかりますが、アイフル 事業サポートプラン(無担保ローン)では審査時間もスピーディーです。手続きがスムーズに進めば申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」も可能になっています。

当日中に融資を受けるには、できるだけ早い時間帯に申込を完了しておきましょう。最低でも午前中に申込を完了させておきましょう。

審査に合格すれば、来店で契約を行い、その場で借入が可能になります。急いでいる場合ほど、必要書類などを事前にきちんと準備しておくことが大切です。

選べる3通りの返済方式

返済方式は以下の3通りから選択できます。返済計画に基づいて最適な方法を選択しましょう。

①借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

借入後の元金返済額が以下のように段階的にスライドします。

借入直後残高 返済金額
1円~100,000円 4,000円
100,001円~200,000円 8,000円
200,001円~300,000円 11,000円
300,001円~400,000円 11,000円
400,001円~500,000円 13,000円
500,001円~600,000円 16,000円
600,001円~700,000円 18,000円
700,001円~800,000円 21,000円
800,001円~900,000円 23,000円
900,001円~1,000,000円 26,000円
1,000,001円~2,400,000円は10万円毎 1,000円ずつ加算
2,400,001円~2,500,000円 41,000円
2,500,001円、4,900,000円は10万円毎 1,000円ずつ加算
4,900,001円~5,000,000円 66,000円

②元利定額返済方式

毎月決まった元利金を返済します。

③元金一括返済方式

毎月の支払いは利息のみ、返済期日に1ヶ月分の利息と合わせて元金を返済します。

なお返済方法は「振込」「店頭」「アイフルATM」「提携ATM」「口座振替」から選ぶことができます。

主な返済例

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

実質年率18.0%で50万円を借り、1ヶ月(30日として計算)ごとに58回で返済する場合(追加借入のない場合)

ご返済回数 元金残高 ご返済金額 元金 お利息
1回目 500,000円 13,000円 5,603円 7,397円
10回目 446,482円 13,000円 6,395円 6,605円
58回目 3,977円 4,035円 3,977円 58円

元利定額返済方式

実質年率18.0% 1ヶ月(30日として計算)ごとに3年間で返済する場合

融資額 初回支払額 毎月支払額 最終回
50万円 19,000円 19,000円 11,078円(34回目)

元金一括返済方式

実質年率18.0% 月々(1ヶ月を30日として計算)の利息を返済し、最終回は月々の利息+融資額の返済

融資額 月々 最終回
50万円 7,397円 507,397円

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

実質年率15.0%で100万円を借り、1ヶ月(30日として計算)ごとに53回で返済をする場合(追加借入のない場合)

ご返済回数 元金残高 ご返済金額 元金 お利息
1回目 1,000,000円 26,000円 13,672円 12,328円
10回目 870,707円 26,000円 15,266円 10,734円
53回目 11,794円 11,939円 11,794円 145円

元利定額返済方式

実質年率15.0% 1ヵ月(30日として計算)ごとに5年間で返済をする場合

融資額 初回支払額 毎月支払額 最終回
100万円 24,000円 24,000円 20,017円(59回目)

元金一括返済方式

実質年率15.0% 月々(1ヶ月を30日として計算)の利息を返済し、最終回は月々の利息+融資額の返済

融資額 月々 最終回
100万円 12,328円 1,012,328円

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)は審査に通りやすい?

金融機関融資の審査基準は、一般的に次のようにいわれています。

  • 銀行は審査基準が厳しい
  • 消費者金融は審査基準が緩やか

アイフルは「消費者金融」ですので、銀行融資に比較して審査基準は緩やかになっています。これは「事業サポートプラン(無担保ローン)」でも同様です。銀行では対応が難しい小規模の法人や個人事業主でも、十分審査に合格することができます。

商品の限度額が「最高500万円」と低めに設定されている点も、審査基準が緩めであることを示しています。高額融資になるほど審査基準を厳しくして、返済に対するリスクをカバーする必要があるためです。

ただ「アイフル 事業サポートプラン(無担保ローン)」の必要書類は「決算書(もしくは確定申告書)」が「2期分」必要とされています。2期の事業内容を比較して審査が行われます。消費者金融のビジネスローンの中には「1期分」としている先も多くあります。このような先に比較すると審査基準は、やや厳しめとなっていることが予想されます。

どちらにしても、「銀行に比較して通りやすい」とはいっても、すべての事業者が利用できるわけではありません。あくまで事業収入や利益からの返済が見込めることが大前提となるでしょう。

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)の評判

全体評価 4.0点
運輸業・借入希望金額300万円 40
すぐに借入できました
取引先の倒産でどうしてもその日に借入が必要になりました。インターネットからアイフルの事業サポートプラン(無担保ローン)を申し込んだところ、数時間で審査通過の連絡が。事務所の近くの店舗で契約し、すぐに借入できました。本当に助かりました。
全体評価 3.0点
飲食業経営・借入希望金額100万円 40
個人事業主でも借入できました
地元の商店街で喫茶店を経営しています。小規模の個人事業主ですので審査に合格できるかどうか不安でしたが、意外なほど簡単に借入できました。
全体評価 2.0点
建設業経営・借入希望金額1,000万円 50
金額が低い
個人で利用しているアイフルでビジネスローンを利用したいと思いましたが、希望金額は借りれないと知り断念しました。個人的にはアイフルと取引したいと思っていたので残念です。

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)のメリット

①最短即日融資可能

ビジネスローンでありながら、最短で即日融資が可能です。急いでいる場合はできるだけ早い時間帯に申込を完了させましょう。

②1万円からの借入が可能

最小1万円からの借入が可能ですので、余計な借入を増やすことなく利用できます。

③選べる3種類の返済方式

「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」「元利定額返済方式」「元金一括返済方式」の3種類の返済方式から選択できます。事業計画・返済計画に基づいた返済方式で返済できます。

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)のデメリット

①限度額が低め

最高限度額は「500万円」。法人などの高額需要には対応できません。ビジネスローンとしては物足りなさを感じるかもしれません。

②金利が高め

実質年利「3.0%~18.0%」。特に最上限の「18.0%」は高めの設定です。小口契約ではこの最上限金利での契約となりますので、銀行ローンなどに比較すると割高感を覚えます。

まとめ

独自のサービスで業績も回復しているアイフルのビジネスローンです。法人、個人事業主ともに最短即日融資可能で、急な出費にも対応できます。

ビジネスローンとしては借入限度額が低めですが、大手消費者金融のサービスですので、信頼感を持って利用できるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • 決算書不要のビジネスローンはあるの?

  • 出光クレジットの不動産担保ローンを徹底分析

  • 三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査基準はかなり厳しい?

  • アコムビジネスサポートカードローンの審査基準は?

  • オリコCREST for Bizの審査と評判

  • ビジネクストの評判からメリット・デメリットを徹底分析