1. 借入DX
  2. カードローン
  3. アコム
  4. アコムで増額したい。アコムの増額方法とは?

アコムで増額したい。アコムの増額方法とは?

 2020/08/17 アコム   2,765 Views
  • 「アコムを長年利用しているけど、もう少し借りたい」
  • 「もう少しお金が必要だけど、できれば利用しているアコムで何とかしたい」

アコムの利用者で、このように思われる方は、一度アコムの増額を考えてみましょう。増額のポイントを抑えておけば、十分増額のチャンスもあります。

ここではアコムを増額するためのポイントなどを考えてみましょう。

Sponsored Link

アコムでは増額が可能

アコムの公式ホームページには、次のように明記されています。

契約極度額の増額とは

契約極度額の増額とは契約極度額内での追加借入とは異なり、利用枠自体を引き上げることをいいます。 契約極度額の上限まで借入をしているが、追加でお借入をご希望の場合は、増額審査にお申し込みいただくことで、利用枠自体を引き上げ、追加借入が可能となります。

例えば、契約極度額を30万円から50万円に増額した場合、追加で20万円ご利用いただけます。

契約極度額の増額方法

「極度額増額のお申し込み」をされる場合は、「アコム総合カードローンデスク」までお電話ください。担当者がご変更可能かすぐにお調べいたします。

お電話でのお申し込み以外にも、会員ページからのインターネット申し込みや、自動契約機(むじんくん)、店頭窓口でも受け付けております。

公式ホームページにあえてこのように明記している金融機関は、それほど多くはありません。状況次第で十分増額のチャンスがあります。

「追加融資」と「増額」の違い

上記でも明記されていますが「追加融資」と「増額」は異なります。
  • 追加融資→融資枠内で自由に借入を行うこと(審査不要)
  • 増額→融資枠そのものを増やすこと(審査必要)

 

ボックスタイトル
「追加融資」とは契約の借入限度額の範囲内で借入を行うことです。

これに対し「増額」は借入限度額そのものを増やすことです。 「追加借入」は特段審査を受ける必要はありませんが、「増額」を行うには再度審査に合格しなければいけません。

アコムの増額時の必要書類

アコムの増額手続きには、以下の必要書類を準備しておきましょう。

①本人確認書類

申し出が本人であるかどうかを確認する書類です。通常は「運転免許証」があればOKです。「保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」などでも手続き可能です。

②収入証明書類

  • (増額希望後の)利用限度額が50万円を超える場合
  • (増額希望額の)利用限度額と他社借入合計が100万円を超える場合
  • 提出済みの収入証明書類が3年以上経過している場合

このような場合は収入証明書類が必要になります。収入証明書類には次のようなものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

など

必要書類に不備があると、増額手続きが前に進みません。不明な点は事前に確認しておきましょう。

アコムの増額方法

アコムに増額を申し込む方法には、以下の5通りがあります。

①インターネットから申込

アコム公式サイトの会員ページに、「ご契約極度額(キャッシング)の増額に関するご案内です。」という増額案内のメールが来ることがあります。この場合は、インターネットから申し込み可能です。

増額案内のメールをクリックすると、「極度額等変更申し込み」という画面が表示されます。会員ページに画面が表示された後は、「開始」ボタンを押すだけで、アコムに増額を申し込めます。

このケースでは、事前にアコムの内部審査に合格していると判断されますので、手続きもスムーズに進みます。ただし、会員ページにアコムからの増額案内が来ていない人は、次の他の方法(電話・自動契約機(むじんくん)・店頭窓口)に限られます。

②アコムATMからの申込

アコムATMに訪問して、増額申込を行います。受付時間は基本24時間対応です。画面の指示に従って操作を進めていきましょう。

③電話での申込

「アコム総合カードローンデス」に電話を行い、増額を申し込みます。受付時間は、平日の9:00~18:00です。

手続きの流れは以下のようになります。

  1. 電話で利用限度額の増額を希望する旨を伝える
  2. 増額希望額・他社借入件数(借入残高)・契約内容変更書類の送付先・年収などを確認する
  3. ローンカードの暗証番号を入力し、上記の内容に同意する
  4. 契約内容に関する事項の同意(ここまでは自動音声です)
  5. 担当オペレーターにつながりますので、増額の確認を行い申込完了
その後、増額審査に合格すると利用限度額の上限が引き上げられます。

④店頭窓口

直接アコムの店頭を訪問して、増額を希望します。店頭受付時間は基本平日の9:30~18:00です。担当者と相談を行い指示に従って手続きを進めましょう。

⑤自動契約機(むじんくん)

アコムの自動契約機「むじんくん」に直接訪問して、増額を申し込みます。受付時間は、基本9:00~21:00、年末年始を除いて申し込むことができます。画面のガイダンスに従って手続きを進めましょう。

増額審査の3つのポイント

増額審査は、新規審査に比較して審査基準が厳しくなります。借入限度額が大きくなるということは、アコムにとってそれだけ返済に対するリスクが高くなるためです。

最低でも次の3点はクリアーしておく必要があります。

①個人信用情報に事故情報が登録されていない

カードローンの審査では個人信用情報が大きく影響します。事故情報が登録されていると、まず審査には合格できません。これは増額審査でも同様で、以下のような事故情報が確認されると、まず増額審査は不合格となります。

  • 3か月以上の長期延滞
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 債務整理(任意整理・自己破産など)

②契約からある程度期間が経過している

増額を希望するには、少なくとも契約から半年程度の期間が経過している必要があります。利用実績が少ないと、アコムとしても信用できる利用者かどうかが判断できません。

契約から半年以上経過しており、その間、借入と返済を順調に繰り返している場合は、アコムとしても「利用実績は問題ない」と判断できます。

逆に、この間、全く借入していない方に対しての増額審査も厳しく判断されます。これまで全く利用していないのに、いきなり「増額してほしい」と申し出されても、逆に不審がられるだけです。

増額にはある程度の利用実績も必要になります。

③他社の借入を含めて年収の3分の1を超えない

今回、アコムの希望増額後の借入限度額と、他社の借入金額の合計が「年収の3分の1」を超える場合、増額審査には合格できません。

アコムは「総量規制の対象」となりますので、法律上、年収の3分の1を超える契約はできないようになっています。

もし増額希望時の年収と総借入の合計額が「総量規制」に引っかかる場合、増額の申込を行っても無駄になりますので注意しましょう。

増額は即日対応可能か?

アコムを「当日中に増額したい」と考える方もおられるかもしれません。アコムでは増額に対して柔軟な対応が期待できます。申込を行ったその日の増額対応も可能です。

ただし増額には審査が伴います。収入などの属性に問題がある場合、審査にも時間がかかることもあります。特に住所や勤務先などが契約時と変わっている場合は、やや日数が必要になるケースが多いようです。

各申込の受付時間に注意して、できるだけ余裕を持って増額申込を行うようにしましょう。

アコム増額のメリット

借入可能金額が増える

当たり前のことですが、利用限度額が上がることで借入できる金額が増えます。必要なお金を他社で都合する必要が無く、これまで以上に様々な用途に活躍できるでしょう。

契約金利が引き下げられる可能性がある

利用限度額が引き上げられるのと同時に、契約金利が引き下げられる可能性があります。「優良顧客には低い金利でたくさん借りてもらおう」というわけです。

アコム増額のデメリット

初回審査よりも厳しい審査

増額審査は、アコムにとっては返済リスクが高まることですので、初回に受けた審査よりも厳しく判断されます。

他社借入の審査に影響を与える

利用限度額が引きあがるということは、それだけ多くお金を借りることができるということです。ただしその分、他社で借入を行う際の審査にはマイナスとなります。

特にアコムなどの同業の消費者金融での借入では「総量規制」の影響を大きく受けることもあります。

まとめ

アコムでは増額に対しても柔軟に対応しています。増額により今まで以上に多くのお金を借りることができます。また増額に成功すると契約金利が引き下げられる可能性もあります。

ただし金利が引き下げられるとはいっても、多くのお金を借りることで返済負担も大きくなることもあります。不要な借入は避けるようにして、計画的に利用するようにしましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • アコムは在籍確認があるの?

  • 初めてでも安心、アコムの借り方のポイントは?

  • アコムの金利は?アコムをお得に利用するには?

  • アコムの解約方法は?手続きと注意点について

  • アコムはアプリ機能で何ができる?

  • アコムのおまとめローンの特徴、メリットとデメリット