MAIL
  • ABOUT
  • SERVICE
  • BLOG
  • RECRUIT
  • INFORMATION

BLOG キービジュアル

BLOG ブログ

BLOG ブログ

2018年5月11日

2018年5月ライターさん向けの一斉メール

ライターのみなさんへ

こんにちは。

しっかりとGWを満喫させていただいた廣原です。
皆さんも連休を利用して、普段はいけない場所への旅行や、ゆっくりとした時間を楽しく使えたでしょうか?

廣原は…温泉にでもつかりたかった気分ですが、お母さん的願望の優先順位は家庭内で低いもの(号泣)。
家庭内上位である息子の希望で鉄道三昧でした。
鉄道博物館行ったり、電車乗ったり、電車見たり…毎日どこかで電車に関わっていたような。

とはいえ、社長の稲場からも、連休前に「家族サービスしてきてください!」と言われたので、その通りのことをしてきました。

うん、しっかり休ませていただきました!
まだ休みボケだぞ!
それが10日も経って言う台詞(言い訳)かー!!!

焦らず着実に仕事脳へとシフトチェンジしていきます。
言い訳するより、仕事でお返し♪

口よりも手を動かせは正しいビジネスマンの在り方。
五月病にかかっている場合ではありません。

五月病は皆さん大丈夫ですか?
年度始まりの4月から何かと張り切っていた方は「休め」の合図かもしれません。

落ち込み過ぎず、凹み過ぎず、自分を甘やかす時間も作ってあげてくださいね。
そうすることで、五月病は乗り越えられる!
…と、経験者=廣原は語ります。

そう、あれはもう20年以上前の新入社員の頃…と思い出を語りだしてしまう前に先に進みましょう!

2018年5月の一斉メールです。
敬称略ご容赦ください。
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
1)4月の執筆ありがとうございました。

皆さん、精力的な執筆活動ありがとうございました。

新規ジャンル開拓に伴い(事業拡大ともw)、ライターさんも増えております。
月末の清算処理をしている廣原には、皆さんの活躍が数字となって分かる次第ですから、「ライターさんの勢いすごいなぁ」と感動。
あるいは感服。

頑張って下さっている皆さんに、良い環境と良い条件の仕事を提供する。
アバとしては、今後もこの姿勢を貫いていきますので、今月も執筆へのご協力よろしくお願い致します!

恒例となりました「社長の稲場は勢いが止まらないようです(笑)」今回の報告事項は!

★ダイエットサイトの運営者として、ダイエットを命じられた廣原。さて、どうなった?
稲「廣原さん、ダイエットどうですか?」
廣「ふっふっふっ…やりました! 10キロ痩せましたよ!」
稲「ホントっすか? すごいですね!」
廣「自分でもやったな~って感じです。それでですね、税金が困るぐらいのボーナスの件ですが…」
稲「でも、まだ、健康体重じゃないですよね?(←意訳:まだ太ってるよね?)」
廣「容赦ないですね~。確かに、そもそも重すぎたので、体脂肪が落ち切りません」
稲「じゃ!次は体脂肪25%切ったら教えてください!(歯キラーン)」
廣「まだ30%あるんですけど~~ぉ???あ、チャット切れた!」

前回からカミングアウトしている廣原のダイエットチャレンジ(?)は、一定の成果を出しました。
その方法はちょっと割愛しますが、結果だけ言うと、10キロ減量成功です。

160cm/70kg ⇒ 160cm/59kg
です。現在。

ただですね、ツッコミが入ったように、体重を落としても体脂肪が減らないと「太って見える」はアリなのです。
さすが、スポーツマン(鍛えてるw)稲場。
減量だけでは満足がいかないようです。

女性は、年齢にもよりますが、25%以下が理想。
それに、身長160cmであれば、健康体重は「56kg」なので、もう少し落としたいことろ。

もうちょっと、もうちょっと頑張ります!

しかし、短期間で減量できたことが「自信」に繋がり、明るくなった(今まで以上にw)と話題の廣原です。
マジでダイエットが続くか不安でしたが、続きました。
成功体験というか、達成感は必要ですね。
大人になって、久々にリフレーッシュできた気分です。

次の目標ができたことですし、ボーナスまでに間に合わせる勢いで頑張ります♪

雑談が長引いてしまい申し訳ありません。

これからもご協力のほどよろしくお願いします(*´▽`*)
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
2)納期のお知らせ

ほぼ全てのライターさんが月額契約に移行していることもあり、今後は締め切りを設けません。

各案件・タスクごとに納期があると思うのでご確認ください(担当窓口に確認してくださいね!)

ライターさんの作業環境を大切にすべく、納期にも柔軟に対応していきますので、常にご相談くださいね!
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
3)報酬精算は4/27(金)に完了しています。
※要ご確認ください。

わざわざの確認報告はいりませんが、間違っていたら必ず報告をお願いします。

5月分報酬は、5/31(木)を予定しています。

※請求書を提出してからの方は、受取後、平日2日ほどの猶予をいただいています。
ご了承ください。
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
4)後記という名の蛇足

後書きに書きたいこと(ネタ)は色々とあるのですが、最近、若手の(廣原よりも年齢的にもライター経験的にも)ライターさんとお話しする機会がありまして。
その方が、ふと漏らした一言をきっかけに書こうと思います。

「正しくて美しい日本語を使っても、読んでもらえないんですよね」
「内容だって、正しくて専門的に書いても、読んでもらえるのとは違うんですよね」

その通りです。
この言葉に、思わずガクッときてしまったのは私だけでしょうか。
少なくとも、若手ライターさんは、この壁にぶち当たっていました。

どんなに詳しく書いても。
どんなに情報として正しくても。
どんなにキレイな日本語でも。

読者の「期待に応える」文章でなければ、読んではもらえません。
情報が溢れているこの時代で、読んでもらえる記事を書くのは、大変なことです。

ただし、目に留めてもらうチャンスは、ある程度の技術で可能です。
そこから、次の読者を獲得できるかは…やはり文章にかかっています。

大事なことは、文章力というよりも(ある程度はもちろん必要です)、読者の知りたいこと(期待)に寄り添うこと。
寄り添う口調であり、寄り添う情報であり、寄り添う姿勢。
目には見えないものもにじみ出てくるものですよね。

アバのライターさんの知識量や、分析力、そこから自分の文章にする技術は、素晴らしいものです。
長年の経験はますます磨かれて、これからだって活躍できます。

ですが、壁はこれからも出てきます。

若手ライターさんは、専門の知識を武器にしたい。
でも、どんなに詳しく専門的に書いて、学術書レベルに役立つとしても、それを期待する読者の目に留まらなければ、残念な結果に終わります。

「これだけ書いているのに読者がつかない」
「文法もなっていない幼稚な文章が検索上位にいる」

ネットあるあるです。

ただし、厳しいことも言いますね。
もしもですが、仕事ではなく、趣味の延長でライティングをしているなら、読まれない記事でも許されます。
仕方がないな、と引き下がっても良いでしょう。

皆さんは「仕事」です。
引き下がることなく、「読まれる文章」を書いてください。

必要なのは、読者の期待に応えること。
膨大な知識や文献から、読者がほしい情報だけを「的確に」伝える使命があります。

具体的には、キーワード検索や共起語の検索ですよね。
このあたりは初歩の初歩。
では、そのキーワードで検索している人は?
読者の人物像は(ペルソナと呼びます)?

若い年代であれば、言葉遣いもラフになってくるでしょう。
「危ないですよね」よりも「ヤバイですよね!」が好みだと思われます。
意識して自分が苦手な文体を使う必要はないのですが(修正も後からできますし)、ペルソナが読みやすい文章を心がけることも無駄ではありません。

ここにライターとしてのプライドとの葛藤もあるかと思います。
でも、読まれなければライターとして存在できないのですから、そこは「仕事」です。

若手ライターさんなりに、若い世代に寄り添う文章が書ければそこを強みにすれば良いと思えます。
ほんの少しの時間で教えきれる問題ではないので、簡単にしか答えられませんでしたが…何度も言う「読者に応える」気持ちで書くことが何よりも大事です。

ゼロの状態から知りたい相手に、専門用語は通じません。
ある程度知っているであろう読者にイチから教えることは無駄です。
読んでいるうちに、飽きられてしまうでしょう。

皆さんが、ほしい情報をネットで探して、実際に読んでいる時。
それがどんなジャンルであれ、確かに皆さんに「的確に」伝わっているはずです。

取り組んでくださっている執筆も大事です。
ありがとうございます。
ただ、時々は。
書き手ではなく、読者にもなってくださいね。

その時間は、立派な仕事の時間です。

具体例に乏しくて申し訳ありませんでした。
テクニックを分かりやすく。
は、次月からの目標とさせてください(笑)。

次月こそ、次月こそ、1日に(このメールを)発行するぞー。

まぁ、月末月初は忙しいのがお約束ですが、それでも、目標を持ち続けていないとね!
廣原自身も、毎日が新しい勉強です。

ここまで読んでくださったライターの皆さんと一緒に、まだまだ成長したいと思います♪
(内面的にね!w)

皆さんとの素晴らしいご縁が続きますように……今後ともよろしくお願いします!

カテゴリー: ライター | 投稿者:

CONTACT US

デジタルマーケティングで新しい価値を

デジタルメディアが広く普及し、情報の流れが複雑さを増した現在、人に伝える為には新たな道しるべが必要です。デジタルマーケティングは、溢れる情報をあらゆる角度から分析し、真の情報化社会のなかで勝ち抜くための無くてはならない手法となっています。

詳しく見る

LET'S WORK TOGETHER

志しある仲間を募集しています

常に新しい技術に目を向け、クライアントの為に何が必要か、どんなことができるのか。最適な結果を出すにはどうしたら良いか考え続ける。そして、その過程を楽しんで挑むことができる。そんな仲間を募集しています。

詳しく見る