MAIL
  • ABOUT
  • SERVICE
  • BLOG
  • RECRUIT
  • INFORMATION

BLOG キービジュアル

BLOG ブログ

BLOG ブログ

2017年11月1日

2017年11月ライターさん向けの一斉メール

ライターのみなさんへ

こんにちは。
初めて子供たちにハロウィンでお菓子を配った廣原です。

日本にも急激な勢いで浸透したハロウィンでして(10月31日)、ご近所の子供たちが学校から帰ってくると「トリックオアトリート!」とやってきたので「時代は変わったなぁ…」と思わずにはいられませんでした。

ご近所さんから「子供たちがもらいにくるよ!」と予告されていたので、お菓子の詰め合わせを用意して待ち構えていた次第ですが…用意しておいて良かった!

でも、仮装の子供たちが可愛くて可愛くて、おばちゃんはイタズラされてもいいよ~な気分になった変態ですw
突っ込みよろしくお願いします。

犯罪者にならないように気を付けます。

街中で仮装して警察のお世話になるハロウィンだけはやめてほしいんですけどね…。
日本のハロウィンと海外のハロウィンの温度差は仕方がないです。

さて、11月に突入ですね。
廣原的には、夏の日照不足や台風や雨続きで「秋はどこ?」という心境です。
寒いよ!!ストーブないと仕事ができないよ!!(関東です)

暑さも寒さも我慢せず、おしゃれよりも実用性が第一な43歳。
今月もお仕事に励みます。

全く皆さん宛のカッコいい前書きになっていないところが廣原テイスト。
ご容赦ください。

2017年11月の一斉メールです。
敬称略ご容赦ください。

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
1)10月の執筆ありがとうございました。

皆さん、精力的な執筆活動ありがとうございました。

今後もご自分のペースを大切によろしくお願いします。
うーん…でも、ちょっとだけペース上げてもらえると嬉しい時期です。

多ジャンルサイトの運営もあり、ネットの世界なので情報を常に更新!が大事なのです。
リサーチなどにも時間がとられるのは承知ですが、スピード重視!という意識で取り掛かっていただけると有難いです。

恒例となりました「社長の稲場は勢いが止まらないようです(笑)」今回の報告事項は!

稲「ガンガンいきましょう!」
廣「は?!ガンガン…ですか?」
稲「そうです(キッパリ)!ガンガンが大事です!」
廣「2度言いましたね…大事なことってわけですか」
稲「3度でも4度でも言いますよ!ガンガンです!」
廣「了解です~次の一斉メールでライターさんにも伝えますね~」

ということで、前に繋がるというわけです。
日々チャットワークから「ガンガンいきましょう!」が合言葉になっています(笑)。

コミック雑誌じゃないですよ(このネタ分かった人連絡くださいw)

廣原もサイトを新たに任される身になり、責任をひしひしと感じつつ励んでおります。

「読んで楽しい。読んでためになる」
情報サイト目指していきましょう。

その中にちょこっと「テクニック」が含まれると会社的には嬉しい。
そのコツは後書きにて!

これからもご協力のほどよろしくお願いします^^

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
2)納期のお知らせ

ほぼ全てのライターさんが月額契約に移行していることもあり、今後は締め切りを設けません。

各案件・タスクごとに納期があると思うのでご確認ください(担当窓口に確認してくださいね!)

ライターさんの作業環境を大切にすべく、納期にも柔軟に対応していきますので、常にご相談くださいね!

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
3)報酬精算は10/31に完了しています。
  ※要ご確認ください。

わざわざの確認報告はいりませんが、間違っていたら必ず報告をお願いします。

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
4)後記という名の蛇足

稲場の要望でもある「ガンガンいきましょう」について、ライターさんにも詳しくお伝えしますね。

私たちが制作している情報サイトは、Yahoo!やGoogleの検索上位に来ることで初めて報酬が発生します。
商品やサービスが購入されなければ、売り上げはゼロに決まっています。

しかも、検索上位1.2.3位に入らなければ報酬が発生することも難しいのです。

皆さんも「何か知りたい」と思ってネットで検索をしますよね。

その時に、検索上位で済ませませんか?
何ページも先まで見ますか?

何ページも先まで見るという行為は、情報化社会においてはごく稀です。
だからこそ、サービス・商品を売りたい時には上位表示を狙うのです。

では、どうすれば上位表示されるのか?

そんな方法は、マシンを開発・運営しているGoogleでも分かりません(ぶっちゃけです)。

ただし、リサーチを重ねることで上位表示されるサイトの傾向は読み取れます。

街のショーウィンドーを見れば流行のファッションの傾向が分かるように。
書店に行けば、売れている本や作家が分かるように。

このリサーチにも膨大な時間と労力をさきながら得ている結果のひとつは「網羅性」です。

人の悩みは無限です。
小さいこと大きなこと…「自分」だけでは思いつかないことも、誰かにとっては疑問になるのです。

そのことに気付き、客観性を持ち、必要なキーワードを用いて「回答する」ことが必要です。

現在求められているネット上の情報サイトの役目は「疑問に答えること」です。

あなたの記事は、明確に読者の疑問を捉えていますか?(キーワードが分かっていますか?)
文章はそれに「答える」ものになっていますか?

そこを再確認してほしいと思います。

強いて言えば「読者の疑問を知り・回答を書く」姿勢だけは忘れずにいてください。
それが、結果的にサイトの信頼性を高め、集客に繋がり、上位表示となり、報酬として還元されます。

経済って回っていますね(笑)。

「網羅性」は、そうした記事をどれだけ備えているか。です。

Yahoo!知恵袋などが上位表示されるのは、結局「疑問」があり「回答」されているからなんですね。
これがシンプルながらに正解なのです。

まぁ、間違えてはいけないのは、記事を多くするためにいい加減な記事・嘘の記事を書いたサイトでは相手にされません。
そうした手法で閉鎖した大手サイトがあったことを忘れないでください。

網羅する。
ライバルサイトよりも正確に。
ライバルサイトよりも多くの記事を。
ライバルサイトが採用しているキーワードなら、網羅しておかなければ負けます。

そのために、スピードも重視される。

だからこそ、稲場は「ガンガン」と言っています。
スピードを出すことで、記事の網羅性を高め、ライバルに追いつき・追い越し・勝ちます。

慣れないジャンルのリサーチであれば、ディレクションが得意な社員に相談してくださっても構いません。
むしろしてください(笑)。

執筆の速度が上がるのであれば、社員をうまく利用するのは大アリです。

ライターにリサーチ力も求めるというのは贅沢なお願いです。
リサーチ力も付けたライターが最強であることも事実です。

ただし、一人で「あれもこれも」という状況は作業効率が落ちることもあります。
目まぐるしく情報が飛び交うネット世界では、執筆(ライティング)以外のテクニックまで身につけるというのはかなり難しいですし、実際に身につけるには学ぶことも必要で、修得に数年かかります。

だからこそ、ライターの皆さんには執筆に専念できる環境として、ディレクションに長けたアバ社員がいます。
稲場・山下・廣原はライターさんの窓口であり、有効な情報源です。

私たちは、机を並べて声が聞こえる範囲にはいません。
残念ながら、今伝えていることも、文面では限界があります。

過度なコミュニケーションを要求しているのではなく、成果を上げるために最善の策をとっていきましょう。
ガンガンと訴えてきてください。
そして、書いてください!

「任されたジャンルの切り口が分かりません」
「終着点(結び)はどんな感じにすればいいですか?」
「このキーワードで書くのは正解ですか?必要ないですか?」

判断に迷う時。分からないこと、何でも・いつでも聞いてください。
チャットで答えるのも、Skypeを使うのもありです。

また、この掲示板で共有していくのもありです。
決して悩んだまま抱えないでくださいね。

ただ書けばいいのではなく、疑問を投げかけてくる読者に回答する気持ちで書く。
繰り返しですが、この意識でお願いします。

そのテクニックが、皆さんにとって糧となります。
これまで以上に通用するライターとしての力となります。

ガンガン書くために、何でも言ってください。
「チーム」として、頑張りましょう。

今皆さんが任されているサイトで天下を取りましょう!
…ぐらいな勢いで(笑)

よろしくお願いします。

皆さんとの素晴らしいご縁が続きますように……今後ともよろしくお願いします!

カテゴリー: ライター | 投稿者:

CONTACT US

デジタルマーケティングで新しい価値を

デジタルメディアが広く普及し、情報の流れが複雑さを増した現在、人に伝える為には新たな道しるべが必要です。デジタルマーケティングは、溢れる情報をあらゆる角度から分析し、真の情報化社会のなかで勝ち抜くための無くてはならない手法となっています。

詳しく見る

LET'S WORK TOGETHER

志しある仲間を募集しています

常に新しい技術に目を向け、クライアントの為に何が必要か、どんなことができるのか。最適な結果を出すにはどうしたら良いか考え続ける。そして、その過程を楽しんで挑むことができる。そんな仲間を募集しています。

詳しく見る